仏教婦人会連盟

仏教婦人会連盟

2021(令和3)年度 熊本教区仏教婦人会連盟 活動方針
 
1. スローガン
  念仏に生かされるよろこびを行動へ

2.活動方針
  ご親教「念仏者の生き方」のお心をいただき、「仏教婦人会綱領」の実践に努める

3.重点項目
(1)新たな「仏教婦人会綱領」に学ぶ。
(2)聞法につとめ、お念仏のよろこびを伝えていく。
(3)「子ども・若者ご縁づくり~キッズサンガをさらに~」に積極的に取り組む。
(4)若婦人の育成、各教化団体への家族の参加、及び初参式、成人式等の参加を奨励す 
   る。
(5)御同朋の社会をめざす運動(実践運動)に積極的に取り組む。
(6)現実の社会問題である平和・差別・環境問題に積極的に取り組む。
(7)東日本大震災及び平成28年熊本地震並びに令和2年7月豪雨災害をはじめとする被災者
  支援に積極的に取り組むと共に、ダーナ・ビハーラ活動を啓発し認識を深め実践活動を 
  すすめる。
(8)2023年に親鸞聖人ご誕生850年ならびに立教開宗800年の慶讃法要をお迎えするにあた
  り、各教化団体との連携のもと準備を進める。
(9)第17回世界仏教婦人会大会に向けた準備を進める。

4.努力目標
 ①ご本尊を子や孫におくり、ともに朝夕の礼拝を呼びかける。
 ②機関誌『めぐみ』を利用して学習と購読を奨励する。
 ③教区仏婦活動と組・単位の活動が一体化し、活性化されるように積極的に取り組む、ま
  た総連盟総会への参加に努める。
 ④各寺院の法座をはじめ、組活動並びに組連研等に積極的に参画する。
 ⑤非戦・平和への歩みをすすめ、今私達の問題としてヤスクニ問題の課題を担い、千鳥ヶ
  淵全戦没者追悼法要参拝を奨励する。
 ⑥部落差別をはじめ、いじめ、病気に対する偏見、昨今のコロナウイルスにまつわる医療 
  従事者への差別等、いのちの尊厳を損なう問題に、傍観者とならず積極的に取り組む。
 ⑦男女共同参画について考え、身の回りの課題に取り組む。
 ⑧単位の拡充・活性化のために広報紙「こすもす」を発行する。

第17回世界仏教婦人会大会についてはこちらから

添付ファイル
スローガン・計画2021