新着情報

新着情報一覧のページです。

令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センター最新情報について

2024年1月11日

令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センター最新情報について 令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センターの最新情報は 「浄土真宗本願寺派 金沢別院ホームページ」 及び 「浄土真宗本願寺派 ホームページ」 で確認できます。 「浄土真宗本願寺派 金沢別院ホームページ」 https://www.incl.ne.jp/honganji/ 「浄土真宗本願寺派 ホームページ」 https://www.hongwanji.or.jp/news/cat5/002232.html   浄土真宗本願寺派 能登半島地震支援センター 〒920-0851 石川県金沢市笠市町2番47号 本願寺金沢別院内 電話 090-2565-5325 /090-2163-5325(携帯電話2回線) FAX 076-221-6417
「令和6年能登半島地震に関する総長談話」が出されました

2024年1月9日

令和6年能登半島地震により被災された皆様に衷心よりお見舞い申しあげます。  このたびの地震によりお亡くなりになられた皆様、さらにはご遺族の皆様へ、心から哀悼の意を表します。また、余震が続く中、避難生活を余儀なくされている方、不安の中におられる方の心情をお察し申しあげますとともに、一刻も早く平穏な日々をお過ごしになれますよう願っております。  宗門では、地震発生直後から北陸地方及びその近隣地域被害状況の把握に努め、1月4日以降復旧支援隊を随時派遣して京都から支援物資の運搬を行い、併せて「たすけあい運動募金」において災害義援金の受付を開始いたしました。さらに、1月7日には「令和6年能登半島地震緊急災害対策本部」を中央に設置するとともに、石川教区教務所に「現地緊急災害対策本部」を設置し、物心両面にわたる支援をいたしております。  この冬の寒さ厳しき折、ライフラインが絶たれ孤立した地区も未だ残る中、先行きの見えない不安を抱えながらの生活は、想像を超えた厳しいものであることと存じます。道路やライフラインの復旧、避難所等においてご尽力されておられる方々に深く敬意を表しますとともに、皆様の安全と一日も早い復興を願い、宗門として引き続き全力で支援してまいります。   2024(令和6)年1月8日 浄土真宗本願寺派  総長 池田行信 宗派ホームページリンク ↓ 令和6年能登半島地震に関する総長談話
令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センターが開設されました

2024年1月9日

令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センターが開設されました。 本願寺金沢別院に、令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センターを開設し、浄土真宗本願寺派関係のボランティア活動を支援します。 浄土真宗本願寺派 能登半島地震支援センター 〒920-0851 石川県金沢市笠市町2番47号 本願寺金沢別院内 電話 090-2565-5325 /090-2163-5325(携帯電話2回線) FAX 076-221-6417 活動内容 1.ボランティア活動に関する情報の収集と提供 ①被災寺院・門信徒からの支援要請(人的・物的)の収集と提供 ②現地ボランティアセンターへの活動支援・情報交換 ③現地ボランティアセンターの受け入れ等の情報提供 ④交通手段・移動方法等の情報の収集と提供 ※②③については現地の状況に応じて活動   2.宿泊場所の提供 (ご自身でホテル等を手配のうえ活動していただくことも可能です) ①受付時間:午前8時30分~午後6時まで ②宿泊スペース(書院) ※相部屋     ③台所・トイレ・洗面所使用可 ※風呂なし、周辺に銭湯あり ④駐車場若干数あり(普通車のみ) ※複数人の場合は乗り合いにてお越しください。 ⑤食事なし(ボランティア個人で調達)   3.支援物資の要望と受け入れの連絡調整   4.ボランティア活動に参加する方への支援活動 ①ボランティアの宿泊受け入れに関する連絡調整事務 定員:15名(部屋割りはその都度調整いたします) ②ボランティア希望者・団体の受け入れに関する連絡調整   5.石川教区現地緊急災害対策本部との連絡調整   6.継続的取り組み及び組織的取り組みに関する連絡調整と資料・情報収集   7.その他必要と思われる事項 宗派ホームページリンク ↓ 令和6年能登半島地震 浄土真宗本願寺派能登半島地震支援センターを開設について
浄土真宗本願寺派たすけあい運動募金 「令和6年能登半島地震 災害義援金」募集について

2024年1月5日

2024(令和6)年1月1日、石川県能登地方を震源とするマグニチュード7.6の地震が発生し、 石川・高岡・富山・国府・新潟教区から被害の報告が寄せられています。  つきましては、継続した被災地の復興支援を目的として、下記の通り義援金の募集を開始いたしましたので、ご協力いただきますようお願い申しあげます。   1.  募 金 の 名 称 浄土真宗本願寺派 たすけあい運動募金 「令和6年能登半島地震 災害義援金」 2.  受付口座番号 郵便振替 01000-4-69957 加入者名 たすけあい募金 銀行振込 銀行 ゆうちょ銀行 店名 一〇九(イチゼロキュウ)店 番号 当座 0069957 名義 たすけあい募金 ※通信欄に「能登地震」とご記入ください。住所、連絡先、領収書名のご記入をお願いします。 ※インターネットバンキングにて振込の方には、入金確認後、住所、連絡先、領収書名義等について確認のご連絡をいたします お預かりした募金は災害義援金として、被災地へお送りさせていただきます。 3.  受 付 期 間 2024(令和6)年1月5日(金)から当分の間 4.  問い合わせ先 〒600-8501京都市下京区堀川通花屋町下ル本願寺門前町 浄土真宗本願寺派伝道本部 社会部<災害対策担当> TEL 075-371-5181 FAX 075-365-6199 saigai-taisaku@hongwanji.or.jp 宗派ホームページリンク ↓ 浄土真宗本願寺派たすけあい運動募金 「令和6年能登半島地震 災害義援金」募集について
読む法話「光に照らされ」  (錦町 球磨組 報恩寺 岡田浄教)

2023年12月16日 ブログ

  電車の窓の外は、光にみち、喜びにみち、いきいきといきづいている。   この世ともうお別れかと思うと、   見なれた景色が、急に新鮮に見えてきた。   この世が、人間も自然も、幸福にみちみちている。   だのに私は死なねばならぬ、だのにこの世は実に幸せそうだ。   それが私の心を悲しませないで、   かえって私の悲しみを慰めてくれる。   私の胸に感動があふれ、胸がつまって涙が出そうになる。  この詩は小説家、詩人として著名な高見順さん(1907~1965)が癌になり、まもなく死ぬであろうことを自覚していた時に書いた詩「電車の窓の外は」の一部です。  高見順さんが「死」の問題に直面したとき世界は光り輝き、死にゆく自分に対してどこまでも優しく受け取られたのでしょう。高見順さんがどのような信仰を持ち、どのような人生を送ってこられたのかは分かりませんが、今まで何気なく見えていた普段の景色がそのように見えたのは、とてつもない驚きだったと思います。高見順さんがこの詩を驚きのなかに書かれたことは想像できますが、この詩を読んで私の景色の見え方が変ったかとかといえば、そういうことはありません。中々そのように見えない、思えない私が心に見えただけです。この詩を読むたび、いつのまにか生きていることが当たり前になり、世界が素晴らしいと思えなくなっている自分が見えるだけです。  しかし私たちが普段聴聞させていただいている阿弥陀さまのお心は私の見え方が劇的に変化することを期待しておられるのでしょうか。  むさぼり・いかり・おろかさという煩悩に骨の髄までどっぷり浸かり、どこまでも自分中心にしか周りを見ていないこの私、世界が光に満ち、どこまでも優しく見えなくても、そのような私であるがために阿弥陀如来は御本願をたて、常に私を照らし、何があろうと決して見捨てないとはたらいてくださいます。  阿弥陀さまの光に照らされて見えてくる私の姿はどこまでいっても煩悩まみれでありますが、その私を決して見捨てないとはたらいてくださる「南無阿弥陀仏」とともに娑婆、思い通りにならないこの世界を生き抜いていくだけなのです。
【布教団員向け】2023(令和5)年度 各連区布教使研修会・青年布教使研修会 開催日程について

2023年12月7日

 2023(令和5)年度より、連区布教使研修会、連区青年布教使研修会の開催方法につきまして、開催事務提要に基づき布教団連合役員・事務局および他の連区布教団員の聴講が可能となる、オンラインが併用されることとなりました。  本年度の開催について、下記の通りお知らせいたしますので、参加を希望する布教団員の方は、開催要項に基づきお申し込みください。 【2024.1.19更新】 ※各研修会の開催要項爛「DL」をクリックすると開催要項をご清覧、ダウンロードいただけます。 連区 主幹教区 日程 申込締切 開催要項 講師 備 考 第1連区 北海道 6月28日(水)~29日(木)【終了】 終了 DL 深川 宣暢 師(龍谷大学名誉教授) 同朋研修講師 東 京 9月27日(水)~28日(木) 【終了】 9月12日(火) 【終了】 DL 北塔 光昇 師(本願寺派勧学) 伯水 永雄 師(同朋研修講師) 新 潟 (青年)  9月7日(木)~8日(金) 【終了】 8月18日(金) 【終了】 DL 花岡 静人 師(本願寺派布教使) 藤井 聡之 師(同朋研修講師) 第2連区 福 井 8月30日(水)【終了】 8月14日(火) 【終了】 DL 天岸 淨圓 師(行信教校校長) 岩本 孝樹 師(同朋研修講師) 岐 阜 (青年) 2月5日(月)~6日(火) 【終了】 1月22日(月) 【終了】 DL 水杉 悟史 師(元布教使課程専任講師) 登尾 唯信 師(同朋研修講師) 第3連区 滋 賀 8月23日(水)~24日(木) 【終了】 8月16日(水) 【終了】 DL 玉木 興慈 師(龍谷大学教授) 登尾 唯信 師(同朋研修講師) 1日目の講義内容を後日URLにて配信 兵 庫 (青年) 2月13日(火)【終了】 1月31日(水) 【終了】 DL 岩本 孝樹 師(同朋研修講師) 磯部 美紀 師 (大谷大学真宗総合研究所東京分室PD研究員) 井上 見淳 師(龍谷大学準教授・本願寺派司教) 第4連区 四 州   備 後 (青年) 9月28日(木)~29日(金) 【終了】 9月14日(木) 【終了】 DL 三浦 真証 師(龍谷大学非常勤講師) 麻田 秀潤 師(同朋研修講師) 2日目の講義内容を後日URLにて配信 第5連区 大 分 9月11日(月)~12日(火) 【終了】 8月21日(月) 【終了】 DL 深川 宣暢 師(龍谷大学名誉教授) 伯水 永雄 師(同朋研修講師) 熊本教区布教団員はぜひ会場にてご参加ください 宮 崎 (青年) 2月28日(水)~29日(木) 2月2日(金) 【終了】 DL 松本 紹圭 師(東京教区芝組光明寺) 伯水 永雄 師(同朋研修講師) ※連区内の参加者が優先されます。他連区よりの参加は原則オンラインとなります。 ※第1連区から第4連区のお申し込みにかかる詳細については、主幹教区にお問い合わせください。   ご参考:2023年度連区研修会開催にかかる事務提要